コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ティラ島 ティラトウ

デジタル大辞泉の解説

ティラ‐とう〔‐タウ〕【ティラ島】

ThiraΘήρα》ギリシャ南東部、エーゲ海にある島。古代名テラ島。キクラデス諸島の最南部に位置する。大小五つの島からなるサントリーニ島の主島であり、日本や欧米ではサントリーニ島の名で呼ばれることが多い。主な町はフィライアクレタ文明時代のアクロティリ遺跡、紀元前9世紀頃に建設された都市の遺跡古代ティラ遺跡などがある。テラ島

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ティラ島
てぃらとう
Thra

東地中海、エーゲ海南部のギリシア領キクラデス諸島中にあるサントリン島の別称。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ティラ島の関連キーワードアンティキティラ島の機械アトランティスアスプロニシ島チャタム諸島イオニア諸島ティラシア島ラコニア湾ギリシア史シテール島Thíraキュレネペリッサスパルタキシラ島ビララスカマリ壁画

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android