ティリチ・ミル山(読み)てぃりちみるさん(英語表記)Tirich Mir

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ティリチ・ミル山
てぃりちみるさん
Tirich Mir

パキスタン北部、ペシャワルの北方約250キロメートル、アフガニスタンとの国境近くにある山。ヒンドゥー・クシ山脈の北東部に位置する山脈の最高峰で、標高7690メートル。ヒマラヤ山脈の西方延長部にあたり、地質学的には古生層と中生層の境界が露出することで重要である。1950年7月、ノルウェーのA・ネス隊が初登頂に成功した。[中田 高]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android