ティンクトーリス(読み)てぃんくとーりす(英語表記)Johannes Tinctoris

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ティンクトーリス
てぃんくとーりす
Johannes Tinctoris
(1435ころ―1511)

フランドルの音楽理論家、作曲家。ナポリ王の宮廷などで活躍し、ミサ曲、モテトゥス、シャンソンを作曲したが、むしろ音楽理論家としての活動がより重要である。現存する12編の音楽理論書のうち、『音楽用語定義集』Terminorum musicae diffinitorium(1472/73ころ執筆)は、印刷された最古の音楽辞典として名高い。ほかに、作曲技法、記譜法、旋法、演奏法など、当時の音楽のさまざまな側面に関する理論書もある。そこでは音楽への姿勢や記述法などに合理的な面がみられ、ティンクトーリスがルネサンス最初の音楽理論家であったことを示している。[今谷和徳]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android