コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ティンゴマリア Tingo María

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ティンゴマリア
Tingo María

ペルー中部,ワヌコ県北部の都市。県都ワヌコの北北東約 100kmにあり,アマゾン川水系ワヤガ川にのぞむ。周辺の農業地帯の中心地で,バナナ,サトウキビ,カカオ,ゴム,コーヒーなどを集散し,製材,蒸留酒などの工場がある。 1930年代後半から入植により急速に発展した町で,64年には国立農業大学が創設された。太平洋岸のリマからアンデスを越えてアマゾン低地のプカイパにいたる道路が通る。人口4万 5100 (1990推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android