コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ティンベルヘン報告 ティンベルヘンほうこくTinbergen Report

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ティンベルヘン報告
ティンベルヘンほうこく
Tinbergen Report

正式には「第2次国連開発 10年のためのガイドラインおよび提案の準備」 Preparation of Guidelines and Proposals for the Second United Nations Development Decade。 1968年に J.ティンベルヘンを委員長として設置された国連開発計画が 70年1月にまとめたもの。 70年秋の国連 25周年記念総会で,71年1月から始る「第2次国連開発の 10年」が宣言され,その実行計画として「国際開発戦略」が採択されたが,この報告はその基礎となった。内容的には開発途上国全体の経済成長率を年平均6%とすることを目標とするとともに,先進国に対しては,(1) 72年までに GNPの1%援助目標を達成すること,(2) そのうち4分の3は政府援助とすること,(3) 援助条件は 75年までに贈与部分が 80%となるように改善することなどを勧告している。 69年 10月に発表されたピアソン報告と並んで,開発途上国の開発問題に関する重要な文献の一つである。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報