コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国連開発計画 こくれんかいはつけいかく United Nations Development Program; UNDP

6件 の用語解説(国連開発計画の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国連開発計画
こくれんかいはつけいかく
United Nations Development Program; UNDP

国際連合開発援助機関。1966年1月,国連特別基金国連拡大技術援助計画が統合されて発足した。経済社会理事会の下部機関の一つであり,発展途上国に対する技術援助と投資前調査を中心とする援助活動を行なう。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵2015の解説

国連開発計画

国連拡大技術援助計画と国連特別基金を統合し、1966年1月に設立された国連(UN)の専門機関経済社会理事会(ECOSOC)に直属。国連の加盟国が自動的UNDPの加盟国となる。最高意思決定機関は執行理事会で、理事国数は36カ国(3年ごとに改選)。本部はニューヨークで、発展途上国の132カ国に常駐事務所をもつ。総資金額は47億2200万ドルで、職員数は5000人強(2006年度)。「持続可能な人間発展」を基本理念に掲げ、民主的統治の実現、貧困の緩和、紛争の予防と紛争後の復興、環境の保全と持続可能なエネルギーの開発、情報通信技術の開発、及びエイズの撲滅、の6分野を重点項目としている。1990年以降『人間発展報告書』を刊行し、人間発展指数などを公表している。UNDPが国連総会から管理・運営を委任されている機関として、国連資本開発基金(UNCDF : United Nations Capital Development Fund)、国連婦人開発基金(UNIFEM : United Nations Development Fund for Women )、国連ボランティア(UNV : United Nations Volunteers )がある。

(室井義雄 専修大学教授 / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こくれん‐かいはつけいかく〔‐カイハツケイクワク〕【国連開発計画】

ユー‐エヌ‐ディー‐ピー(UNDP)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

国連開発計画【こくれんかいはつけいかく】

United Nations Development Programmeの頭文字からUNDPとも。国連の各機関に開発計画の資金と技術の供与を行う機関。1966年設立。
→関連項目国際連合国連ボランティア豆満江開発計画

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

こくれんかいはつけいかく【国連開発計画 United Nations Development Programme】

国連加盟国の自発的な特別拠出金を主要財源として,開発途上国への技術援助を行っている国連機関。UNDPと略称。事務局はニューヨークにある。国連拡大技術援助計画United Nations Expanded Programme of Technical Assistance(1950発足)と国連特別基金United Nations Special Fund(1959発足)を統合して1966年1月に発足した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

国連開発計画
こくれんかいはつけいかく
United Nations Development Programme

略称UNDP。開発途上国に対する技術援助活動を目的として、1966年に設立された国連の機関。2001年現在、170以上の国と地域でプロジェクトを進めている。その援助は、開発途上国が人的および物的資源を生活水準と生産性の向上のために最大限に利用できるように行われ、資源開発のための事前調査、経済計画の作成、研究所の設立などのプロジェクトへの専門家の派遣や機材供与とか奨学金供与などを内容としており、国連および国連食糧農業機関国際労働機関など国連関連機関を通じて行われる。その資金は、国連およびその機関の加盟国からの自発的出資金によってまかなわれている。1990年から「人間開発報告書」を毎年発行し、各国の平均寿命、教育レベル実質所得などを総合した人間開発指数HDI)を提示し、持続可能な人間開発や後発の開発途上国への重点的資金援助を行うようになった。そのほか、人間貧困指数HPI)、ジェンダー開発指数GDI)なども発表している。本部はニューヨークにある。[佐分晴夫]
『国連開発計画編『人間開発報告書』各年版(国際協力出版会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の国連開発計画の言及

【科学技術政策】より


[国際機関]
 全地球的視野で解決を要する天然資源,食糧,環境,衛生,エネルギーなどの諸問題についての活動が展開され,また発展途上国の国民経済の発展を図るための科学技術力の強化を図る援助活動が続けられている。国連における〈開発のための科学技術政府間委員会〉〈新・再生可能エネルギー政府間委員会〉などは総合的なものであるが,発展途上国援助につき国連開発計画(UNDP),国連貿易開発会議(UNCTAD),国連工業開発機構(UNIDO)などの機構において技術協力が活発化しており,また宇宙空間平和利用委員会,国連環境計画(UNEP)などの活動のほか,国際原子力機関(IAEA),国連食糧農業機関(FAO),世界保健機関(WHO),国連教育科学文化機関(UNESCO)等の専門機関が,それぞれ技術援助や情報活動を行っている。また経済協力開発機構(OECD)においては,科学技術政策委員会(CSTP)などいくつかの委員会で交流が行われている。…

※「国連開発計画」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

国連開発計画の関連キーワード国連拡大技術援助計画国連特別基金UNDPUNFPAINCBEPTAUNSFUNFDACUNDCPUNIDO

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

国連開発計画の関連情報