コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ティーアガルテン ティーアガルテン Tiergarten

1件 の用語解説(ティーアガルテンの意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

ティーアガルテン【ティーアガルテン】
Tiergarten

ドイツの首都ベルリン(Berlin)の中心部、ミッテ区にある広大な公園。かつては王家の狩猟場だったところで、その広さはロンドンハイドパーク(約125ha)とニューヨークのセントラルパーク(約335ha)の中間に当たる約210haである。この公園内には金色の女神像、ジーゲスゾイレ(戦勝記念塔)があり、南西部分にはドイツ最古の動物園がある。◇「ティーアガルテン」は「小動物園」という意味のドイツ語の一般名詞。ベルリンで「ティーアガルテン」といえば、一般にこの公園を意味するが、ミッテ区のモアビート地区にもう一つのティーアガルテンがあるため、「大ティーアガルテン」と呼んで区別することもある。公園の東の端にはドイツ連邦議会議事堂ブランデンブルク門があり、周辺には首相府や日本大使館がある。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ティーアガルテンの関連キーワードベルリン西ベルリン東ベルリン伯林ウンターデンリンデン通りベルリン大聖堂ベルリン・ゲームベルリン・ドイツ・オペラ管弦楽団ベルリン・ドイツ歌劇場管弦楽団ベルリン・ドイツ交響楽団

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone