コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テキルダー Tekirdaǧ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テキルダー
Tekirdaǧ

トルコのヨーロッパ部分でマルマラ海に面する港湾都市で,同名県の県都。前7世紀頃ギリシア植民都市ビサンテとして建設され,前1世紀にトラキア王の首都となってライデストスと呼ばれた。 14世紀後半にオスマン帝国の領地となったが,やがて次々とロシア (1877~78) ,ブルガリア (1912) ,ギリシア (20~22) に占領された。かつてはハドリアノポリス (現エディルネ) の海の門戸として活躍したが,ギリシアのアレクサンドルポリスに連絡する鉄道が敷かれて,衰えた。 16世紀の建築家シナンによるモスクなど,歴史的建造物がある。豊富な周辺の農産物の集散の中心地である。ギリシア国境からイスタンブールにいたる幹線ハイウェーに接している。人口8万 207 (1990推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

テキルダーの関連キーワードナムク・ケマル

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android