コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テゼー Taizé

世界大百科事典 第2版の解説

テゼー【Taizé】

フランス中部,ソーヌ・エ・ロアール県の村。特異なキリスト教徒共同体の所在地として知られる。これは,牧師シュッツRoger Schutzがナチに追われたユダヤ人などを同地の自宅に迎えたのに始まる(1940)。ナチの迫害に耐え共同体を建設,のちに独身,財産共有,絶対服従の誓約に基づき,日ごとの礼拝を重んじる組織となった。各国のプロテスタント信徒,東方正教徒,カトリック教徒も加わり,100名近くが共に住み,各種職業に従事している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のテゼーの言及

【宗教音楽】より

…他方,第2バチカン公会議をめぐって典礼の純粋化も促進され,また諸教会,諸伝統の出会いや融合もいたるところで見られるようになった。例えばフランスのテゼーの〈兄弟団〉をめぐるエキュメニカル(教会合同)な典礼と聖歌の運動は,日本にも影響を及ぼしている。
[仏教音楽]
 たとえば東大寺の〈修二会〉に際して歌われる声明やホラガイなどの吹奏は,最も古い仏教音楽を伝えているものと考えられている。…

※「テゼー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

テゼーの関連キーワードカトルファージュリュリ

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android