コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

服従 ふくじゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

服従
ふくじゅう

支配者や支配集団の命令や意図に従って行動することをいう。支配=服従関係が成立するためには,最小限度の服従行為を前提とする。したがって支配者は服従を調達するため次の3つのものを媒介として支配体制を確立しようとする。それは,(1) 暴力,(2) 諸価値の配分,(3) 政治的神話とイデオロギーである。 (1) を媒介とするとき恐怖による服従=忍従が成立し,(2) を媒介とするとき利益や反対給付を期待する服従=功利的服従が成立する。 (3) は恐怖や利害をこえた象徴やイデオロギーの是認に基づく服従=信従,賛従であり,権力者にとって最も歓迎すべき服従タイプである。もちろんこの3つのタイプは類型にすぎず,「恐怖による服従」から「合意による服従」までの間にさまざまな服従タイプが想定される。 (→支配 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ふく‐じゅう【服従】

[名](スル)他の意志や命令に従うこと。「山ではリーダーに服従する」「絶対服従

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

服従

フランスの小説家、ミシェル・ウェルベックの小説。2015年刊行。2022年にムスリムがフランス大統領となる、という設定の近未来小説。作品の発表当日、パリでイスラム過激派により風刺週刊紙シャルリー・エブドの編集部が襲撃される事件が発生。同紙の当日の一面に本作を題材とする戯画が掲載されていたことなどもあり、ベストセラーとなる。原題《Soumission》。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

ふくじゅう【服従】

( 名 ) スル
他の支配・権力につき従うこと。 「主君に-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の服従の言及

【権力】より


[権力と権威]
 この文脈で政治権力をめぐる中心的な主題として論じられてきたのは,権力と権威の関係であった。ここで権威authorityとは,ある領域の事柄に関して,無条件の自発的服従の調達を可能にするような正統性の根拠である。個々の命令の当否を判断することなく,命令を発する者に無条件に従うところに,権威関係の特徴がある。…

【支配】より

…丸山真男によれば,Aという人間あるいは人間集団が,Bという人間あるいは人間集団に対して継続的に優越的な地位に立ち,そのことによってBの行動様式を同じく継続的に規定する場合,AとBとの間に客観的に認知しうる程度の従属関係が生ずる。支配服従関係はこうした一般的従属関係の一形態である。一般的従属関係のなかで,支配服従関係を最も典型的に示しているのは,奴隷と奴隷主との関係である。…

※「服従」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

服従の関連キーワードコーランか然らずんば剣かガンジー=アーウィン協定ノンコンプライアンスカナーン・ドッグ吉弥侯部真麻呂サブミット風に靡く草権威的性格外方を向く叛服常無し官尊民卑イスラム面従腹誹面従後言権威主義家父長制階級社会職務命令面従腹背朔を奉く

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

服従の関連情報