独身(読み)ひとりみ

精選版 日本国語大辞典 「独身」の意味・読み・例文・類語

ひとり‐み【独身】

〘名〙
① ただひとりであること。わが身一つ。身よりのないこと。どくしん。
源氏(1001‐14頃)末摘花「もの思ひ知るまじきほど、ひとり身をえ心にまかせぬほどこそ、理なれ」
方丈記(1212)「独身なる者は人に軽めらる」
② 自由の身。束縛を受けない身。
仮名草子伊曾保物語(1639頃)中「初より人に従ふ者の、今さらひとり身とならんもよしなき事也」
配偶者のないこと。また、その人。どくしん。〔改正増補和英語林集成(1886)〕

どく‐しん【独身】

〘名〙
① ただ一人であること。単身単独
今昔(1120頃か)三「何ぞ世を恣にして子孫繁盛なる者有り、家貧くして独身単居(たんこ)なる者有ぞ」 〔史記‐伍子胥伝〕
② 配偶者のないこと。また、その人。ひとりみ。
合巻正本製(1815‐31)初「独身では身がもてぬ。早く内方をよびむかへ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「独身」の意味・読み・例文・類語

どく‐しん【独身】

配偶者のいないこと。ひとりもの。ひとりみ。
ただ一人であること。単独。単身。
「にはかに―の遠行企つ」〈海道記
[類語]独り身独り者一人シングル未婚チョンガー

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「独身」の読み・字形・画数・意味

【独身】どくしん

独り身。

字通「独」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

柿落し

劇場用語。新築劇場の開場興行をいう。昔の劇場は,屋根を柿(こけら)でふき,完成のとき不用の板くずをはき落としたので,この語が生まれたという。...

柿落しの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android