独身(読み)ひとりみ

精選版 日本国語大辞典「独身」の解説

ひとり‐み【独身】

〘名〙
① ただひとりであること。わが身一つ。身よりのないこと。どくしん。
※源氏(1001‐14頃)末摘花「もの思ひ知るまじきほど、ひとり身をえ心にまかせぬほどこそ、理なれ」
※方丈記(1212)「独身なる者は人に軽めらる」
② 自由の身。束縛を受けない身。
※仮名草子・伊曾保物語(1639頃)中「初より人に従ふ者の、今さらひとり身とならんもよしなき事也」
配偶者のないこと。また、その人。どくしん。〔改正増補和英語林集成(1886)〕

どく‐しん【独身】

〘名〙
① ただ一人であること。単身単独
今昔(1120頃か)三「何ぞを恣にして子孫繁盛なる者有り、家貧くして独身単居(たんこ)なる者有ぞ」 〔史記‐伍子胥伝〕
② 配偶者のないこと。また、その人。ひとりみ。
合巻正本製(1815‐31)初「独身では身がもてぬ。早く内方をよびむかへ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android