コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テトラメチルアンモニウム tetramethylammonium

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テトラメチルアンモニウム
tetramethylammonium

第四アンモニウム化合物で,ハロゲン (塩素,臭素ヨウ素) や水酸基と塩を形成している。いずれも固体で,特にテトラメチルアンモニウムハイドロオキサイド [(CH3)4N]+OH- は強い塩基性を示す物質である。これは水とともに沸点より少し上の温度に加熱すると,メチルアルコールトリメチルアミンに分解する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

テトラメチルアンモニウムの関連キーワード第四アンモニウム化合物アンモニウム塩ゼオライト刺胞

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android