コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テミス族 テミスぞくThemis family

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テミス族
テミスぞく
Themis family

小惑星集り。軌道長半径,離心率,軌道傾斜のほぼ等しい小惑星の集りを族と呼び,周期が木星周期と簡単な整数比をなす関係にある群 (トロヤ群ヒルダ群 ) と区別する。 1918年平山清次は,小惑星にテミス族,エオス族コロニス族マリア族フロラ族から成る5族があることを発見した。 (→平山族 )  

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のテミス族の言及

【小惑星】より

…このような起源の同じ小惑星の集りを族と呼んでいる。 族という概念を発見したのは日本の平山清次で,最初は族の数も五つ(テミス族,エオス族,コロニス族,マリア族,フローラ族)で,これに属する小惑星の数も少なかったが,最近ブラウアーD.Brouwerらがコンピューターを用いて研究した結果,さらに24の族が発見された。 小惑星を軌道の半長径の順に並べると,火星と木星の軌道の間の空間を一様に満たしているのではなく,あるところに集団を作って集まり,またあるところには空隙(くうげき)を作るという傾向がある。…

※「テミス族」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android