テミス族(読み)テミスぞく(英語表記)Themis family

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テミス族
テミスぞく
Themis family

小惑星集り。軌道長半径,離心率,軌道傾斜のほぼ等しい小惑星の集りを族と呼び,周期が木星周期と簡単な整数比をなす関係にある群 (トロヤ群ヒルダ群 ) と区別する。 1918年平山清次は,小惑星にテミス族,エオス族コロニス族マリア族フロラ族から成る5族があることを発見した。 (→平山族 )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のテミス族の言及

【小惑星】より

…このような起源の同じ小惑星の集りを族と呼んでいる。 族という概念を発見したのは日本の平山清次で,最初は族の数も五つ(テミス族,エオス族,コロニス族,マリア族,フローラ族)で,これに属する小惑星の数も少なかったが,最近ブラウアーD.Brouwerらがコンピューターを用いて研究した結果,さらに24の族が発見された。 小惑星を軌道の半長径の順に並べると,火星と木星の軌道の間の空間を一様に満たしているのではなく,あるところに集団を作って集まり,またあるところには空隙(くうげき)を作るという傾向がある。…

※「テミス族」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android