コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

軌道長半径 キドウチョウハンケイ

デジタル大辞泉の解説

きどう‐ちょうはんけい〔キダウチヤウハンケイ〕【軌道長半径】

天体の軌道の特徴を表す軌道要素の一。太陽や惑星を周回する天体がとる楕円軌道長半径長軸の半分)を指す。太陽系の天体の場合、ケプラーの法則によると、公転周期T年、軌道長半径a天文単位の間に、T2=a3という式が成り立つ。軌道半長径

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

軌道長半径の関連キーワードティティウス‐ボーデの法則カークウッドの空隙ケプラー186fエリス(準惑星)ケプラー452bグリーゼ832cケプラー10cファエトンアンタレス特異小惑星プロキオンアモール群コロニス族短周期彗星ジュノーアポロ群シリウスラッセル人工衛星永年摂動

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android