コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テューリング機械 テューリングきかいTuring machine

翻訳|Turing machine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テューリング機械
テューリングきかい
Turing machine

A.テューリング計算可能性を数学的に定義するために 1936年につくり上げた,人間が行なっている計算のプロセスの厳密なモデルをいう。これは有限の記憶素子,有限の動作指令表をもつ中央処理装置にあたる部分と,左右に無限の長さの読み書きのできるテープから成るもので,計算や論理的プロセスをすべて実現できる。この機械によって「計算可能な」関数は帰納的関数 recursive functionと同一であり,あらゆる情報処理機械の計算能力はこの機械のそれをこえることはない。さらにユニバーサルテューリング機械を考えたが,これは任意のテューリング機械をシミュレートできるものである。これがコンピュータの理論的基礎の一つとなっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone