テラス栽培(読み)てらすさいばい

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

テラス栽培
てらすさいばい

傾斜畑地の利用法。傾斜地では雨水による表層土壌の流失を防ぐくふうが必要である。傾斜度が少ない場合は等高線栽培などによって目的が果たされるが、傾斜度が大きくなると斜面を土木的に改造する必要があり、こうしてつくられた傾斜畑地の構造をテラスterraceとよぶ。テラス栽培には次のような種類がある。水路型テラスは傾斜度5、6度までの斜面につくられ、広幅テラスともいう。斜面流去水を遮断し、等高線に沿って幹線排水路のほうへゆっくり転流させて排除する。うね型テラスは傾斜角5、6度以上の畑につくられ、横うねで流下水を一時貯留し、これを徐々に地中に浸透させ、有効水として利用することにより間接的に土壌保全の効果をあげる。階段型テラスは傾斜地を削り取り一部は埋土して、いわゆる段畑状にすることで、より急峻(きゅうしゅん)な傾斜地でも土壌流失を少なくして利用することができる。山腹など傾斜地につくられる水田も階段型テラスの一種で、棚田とよばれる。[星川清親]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のテラス栽培の言及

【階段耕作】より

…階段の法面(のりめん)は草を生やして補強するが,傾斜の著しい場合には石組みを利用することもある。一般にテラス栽培といわれるものは,この階段耕作をいうことが多いが,広い意味では緩傾斜地で,耕地を等高線に沿った水路や広幅のうねで仕切る方式をいう場合にも用いられる。傾斜地は降雨などによる土壌浸食が著しいため,通常は森林や永久草地として利用されることが多いが,国土が狭小で人口密度が高い場合には,耕地がしだいに傾斜地に拡大し,階段耕作によって“耕して天に至る”景観が出現する。…

※「テラス栽培」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android