コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テラ・シェンナ テラシェンナterra sienna

岩石学辞典の解説

テラ・シェンナ

黄色の黄土(yellow ocher)またはボールで,塗料の顔料に用いられる.天然の状態ではロー・シェンナ(raw sienna)で黄褐色の顔料として知られ,焼いたものはバーント・シェンナ(burnt sienna)で赤褐色の顔料に用いられる.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

テラ・シェンナの関連キーワードYELLOWブックマンセル表色系CMYKCD-ROM浅見ユウコ斉藤マッチュ黄犬契約オストワルト表色系RGByellow zone

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android