コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テンソル力 テンソルりょくtensor force

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テンソル力
テンソルりょく
tensor force

2個の粒子間の双極子相互作用。特に核力に含まれる相互作用をいう。2個の核子間の位置ベクトルからつくられるテンソルの成分とスピンベクトルからつくられるテンソルの成分との積を含むので,この名がある。テンソル力のため重陽子の電荷分布は球対称からずれ,核四重極能率を生じる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のテンソル力の言及

【核力】より

…したがって核力の強さは2核子のスピン,アイソスピンの状態によっても異なる。またテンソル力といって,力の方向が2核子を結ぶ線分の方向と一致しないような非中心力も含まれる。たとえば陽子と中性子で両者のスピンが同じ向きにそろっているときは,テンソル力は陽子・中性子を結ぶ線をスピンの方向と一致させようとする力になる。…

※「テンソル力」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android