コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テンダー機関車 テンダーキカンシャ

デジタル大辞泉の解説

テンダー‐きかんしゃ〔‐キクワンシヤ〕【テンダー機関車】

炭水車を連結した蒸気機関車

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

テンダー機関車【テンダーきかんしゃ】

蒸気機関車

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内のテンダー機関車の言及

【蒸気機関車】より


[蒸気機関車の種類]
 蒸気機関車は,炭水車の有無,用途,使用蒸気の性質,蒸気の使用方法,車輪の配置などによって分類される。 ボイラー付きの車体自身に石炭や水を積み込めるものをタンク機関車,燃料や水は炭水車と呼ばれる車に積み込み,これをボイラー付車体と連結したものをテンダー機関車という(図)。前者は主として短距離用で,前後の見通しも利くから入換え用としても適しており,後者はボイラーや炭水車を大型にできることから重量列車や長距離用として使用される。…

※「テンダー機関車」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

テンダー機関車の関連キーワードしづか号機関車弁慶号

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android