渋沢 秀雄(読み)シブサワ ヒデオ

20世紀日本人名事典 「渋沢 秀雄」の解説

渋沢 秀雄
シブサワ ヒデオ

大正・昭和期の実業家,随筆家,俳人 明治村理事長;元・東宝会長。



生年
明治25(1892)年10月5日

没年
昭和59(1984)年2月15日

出生地
東京・日本橋

別名
俳号=渋亭

学歴〔年〕
東京帝大法科大学仏法科〔大正6年〕卒

主な受賞名〔年〕
勲二等瑞宝章〔昭和46年〕

経歴
田園都市株式会社取締役となり、東京の田園調布を高級住宅地として開発。昭和13〜22年東宝会長を務めたほか、帝劇、東急、後楽園スタヂアムなどの重役歴任。戦後の追放解除後は実業界から離れ、40年より放送番組向上委員会初代委員長、電波監理審議会会長を務めたほかは、明治の粋人として、随筆俳句油絵三味線長唄小唄と風流三昧の人生を歩んだ。なかでも随筆家としては軽妙洒脱筆致で知られ、“現代の兼好法師”との評もあるほど。俳句は昭和11年以来いとう句会同人として作句した。著書は「明治を耕した話」「散歩人生」「明治は遠く」「父渋沢栄一」「筆のすさび」「わが町」など40冊以上に及ぶ。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plus 「渋沢 秀雄」の解説

渋沢秀雄 しぶさわ-ひでお

1892-1984 大正-昭和時代の実業家,随筆家。
明治25年10月5日生まれ。渋沢栄一の4男。田園都市(のち東急電鉄)取締役として東京の田園調布を開発。のち東宝会長,東映取締役を歴任。久保田万太郎主宰の「いとう句会」同人になったほか,随筆,評論でも知られた。昭和59年2月15日死去。91歳。東京出身。東京帝大卒。俳号は渋亭。随筆に「父渋沢栄一」「明治は遠く」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典 「渋沢 秀雄」の解説

渋沢 秀雄 (しぶさわ ひでお)

生年月日:1892年10月5日
大正時代;昭和時代の実業家;随筆家。田園都市株式会社取締役
1984年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

選挙公営

国または地方公共団体が個々の候補者の選挙費用の一部または全額を負担すること。選挙に金がかかりすぎ,政治腐敗の原因になっていることや,候補者の個人的な財力によって選挙に不公平が生じないようにという目的で...

選挙公営の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android