渋沢秀雄(読み)しぶさわ ひでお

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「渋沢秀雄」の解説

渋沢秀雄 しぶさわ-ひでお

1892-1984 大正-昭和時代の実業家,随筆家
明治25年10月5日生まれ。渋沢栄一の4男。田園都市(のち東急電鉄)取締役として東京の田園調布を開発。のち東宝会長,東映取締役を歴任。久保田万太郎主宰の「いとう句会」同人になったほか,随筆,評論でも知られた。昭和59年2月15日死去。91歳。東京出身。東京帝大卒。俳号は渋亭。随筆に「父渋沢栄一」「明治は遠く」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

受託収賄罪

公務員が,職務に関する請託を受け,これを了承したうえで賄賂を受取ったり,要求,約束したりした場合に成立する犯罪。請託のない場合は単純収賄となり,法定刑が5年以下の懲役であるのに対し,請託のあったことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android