コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テンニョノカムリ Latiaxis japonicus; Japanese latiaxis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テンニョノカムリ
Latiaxis japonicus; Japanese latiaxis

軟体動物門腹足綱サンゴヤドリガイ科。高 5cm,殻径 3cm。殻は白色で厚質堅固。螺塔は円錐形で9階あり,各層の肩に三角形の板状突起が8個内外立並び,その下に鱗状になった螺肋が5条ある。体層には板状突起は 10個内外,鱗状の螺肋は 10条内外ある。殻口は卵形で下端に水管溝がある。ふたは褐色,革質刺胞動物の仲間を食べていると考えられる。房総半島以南,フィリピンに分布し,水深 50~200mにすむ。殻形が美しいので貝類収集家に好まれる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android