コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テンニョノカムリ(英語表記)Latiaxis japonicus; Japanese latiaxis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テンニョノカムリ
Latiaxis japonicus; Japanese latiaxis

軟体動物門腹足綱サンゴヤドリガイ科。高 5cm,殻径 3cm。殻は白色で厚質堅固。螺塔は円錐形で9階あり,各層の肩に三角形の板状突起が8個内外立並び,その下に鱗状になった螺肋が5条ある。体層には板状突起は 10個内外,鱗状の螺肋は 10条内外ある。殻口は卵形で下端に水管溝がある。ふたは褐色,革質刺胞動物の仲間を食べていると考えられる。房総半島以南,フィリピンに分布し,水深 50~200mにすむ。殻形が美しいので貝類収集家に好まれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android