テートブリテン(英語表記)Tate Britain

世界の観光地名がわかる事典の解説

テートブリテン【テートブリテン】
Tate Britain

イギリスの首都ロンドンのミルバンク地区にある国立美術館。同国の国立美術館ネットワークの「テートギャラリー」の一つである。16世紀のテューダー朝の時代から現代に至る絵画を中心としたイギリス美術を時代順に展示している。ジョン・エヴァレット・ミレーによる「オフィーリア」やジョン・ウィリアム・ウォーターハウスによる「シャーロットの女」のほか、ターナーの初期から晩年までの作品、ウィリアム・ブレイク、ジョン・コンスタブル、トマス・ゲインズバラ、ウィリアム・ホガース、ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティほかラファエル前派の作家の作品などがある。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android