ディオグネトスへの手紙(読み)ディオグネトスへのてがみ(英語表記)Epistle to Diognetus

世界大百科事典 第2版の解説

ディオグネトスへのてがみ【ディオグネトスへの手紙 Epistle to Diognetus】

使徒教父に入れられる一文書であるが,内容的には弁証文学である。ディオグネトスなる人物にあてて,キリスト教が異教やユダヤ教よりすぐれたものであることを弁証する。2~4章で異教の偶像礼拝,ユダヤ教の供え物の批判をし,5~9章ではキリスト教の卓越性と神的起源が語られる。10章では信仰の喜びに生きるようすが語られ,キリスト教を受け入れるよう勧告する。文体,内容ともに優れる。【川村 輝典】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のディオグネトスへの手紙の言及

【使徒教父】より

…伝統的には〈使徒たちの教えを受けた教父たち〉という意味で用いられている。初期においては《バルナバの手紙》《クレメンスの第1の手紙》《クレメンスの第2の手紙》《ヘルマスの牧者》《イグナティオスの手紙》《ポリュカルポスの手紙》《ポリュカルポスの殉教》の7書のみが含まれていたが,19世紀になってから新たに《パピアスの断片》《クアドラトゥスの断片》《ディオグネトスへの手紙》《ディダケー》が加えられた。 これらのうち《ディオグネトスへの手紙》のみは,本来護教文学と呼ばれる一連の文書に属するのであるが,11章1節で著者が自分のことを〈使徒たちの弟子〉と呼んでいるために使徒教父文書に入れられたと思われる。…

※「ディオグネトスへの手紙」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

イグノーベル賞

ノーベル賞のパロディとして、世界中のさまざまな分野の研究の中から「人々を笑わせ、そして考えさせる業績」に対して贈られる賞。「イグノーベル(Ig Nobel)」とは、ノーベル賞創設者アルフレッド・ノーベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android