異教(読み)イキョウ

  • いきょう ‥ケウ
  • いきょう〔ケウ〕

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 自分たちの信じるものと異なる教えや宗教。否定的にいうことが多い。
※信長記(1622)起「褒貶の義、あるひは異教(イケウ)にはしり、或は卑俗にしたがって可否一定ならず」 〔韓愈‐華山女詩〕
② 特にキリスト教で、キリスト教以外の宗教をさす。
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉一「『モルモン』宗は耶蘇教より分れたる一種の異教にて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の異教の言及

【異端】より

…ギリシア語hairesisに由来し〈分派〉を意味する語であるが,通常は特定の教義を信奉・標榜する団体において,正統教説に対立して,断罪・排除される立場,もしくはその主張者をさす。したがって,異端は,正統orthodoxyの対立物として定義されるかたわら,ことなった教義にもとづく敵対物たる異教とは区別される。ヨーロッパにおいて,異端が問題となるのは,歴史的には,キリスト教の確立以降である。…

※「異教」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

異教の関連情報