ディオニシウス・エクシグウス(英語表記)Dionysius Exiguus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ディオニシウス・エクシグウス
Dionysius Exiguus

[生]470頃.スキチア
[没]550頃.ローマ
ローマの司祭。「小ディオニシウス」の意。6世紀の前半頃ローマで活躍した。神学,数学,天文学に優れる。使徒教令集およびニカイアコンスタンチノープルカルケドン公会議の教令集,シリキウス (384) からアナスタシウス2世 (498) にいたるローマ教皇の教令集を含む 401の教会法の集成に貢献,さらに多数のギリシア語文献を翻訳したといわれる。また年代記的方法を導入し後世に大きな影響を与えたほか,初めて西暦紀元を算定した。しかしこの計算は4~7年の誤差があると考えられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android