コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ディダスカリア Didascalia Apostolorum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ディダスカリア
Didascalia Apostolorum

使徒戒規ともいう。3世紀シリアで書かれた教会規律文書。十二使徒の教えに範をとったもので,内容は司教の職務,痛悔の業,礼拝,迫害下の心得寡婦奉仕女の生活について述べており,原文ギリシア語シリア語およびラテン語の訳で残存。医学に明るい司教によって書かれた。当時の信仰事情,習俗がわかる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ディダスカリアの関連キーワードペテロ行伝使徒戒規

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android