コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シリア語 シリアご Syriac language

3件 の用語解説(シリア語の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シリア語
シリアご
Syriac language

北部メソポタミアに話された東アラム語セム語族に属する。エデッサ (現ウルファ) を中心に栄えたキリスト教文化のにない手の役割を果した。5世紀,教会がネストリウス派ヤコブ派に分裂するとともに,シリア語にも東西の方言差が若干生じた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

シリア語【シリアご】

東方アラム語(アラム語)に属する言語。全アラム語中最も重要な文化語。元来は初期東方キリスト教の中心地エデッサを中心とするものだが,後にはシリア,北メソポタミアに文学語・学問語として広まった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

シリアご【シリア語 Syriac】

本来は,初期東方キリスト教の中心地エデッサ(現,トルコ領ウルファ)とその周辺で話されていたアラム語の方言。5世紀末シリア教会分裂の結果,二つの方言に分かれた。古い碑文は1世紀以後のものがあるが,重要なのは3世紀以後の,聖書の翻訳,キリスト教文書,ギリシア哲学の翻訳,医学などの諸学の文献などで,その量はアラム語中随一。ギリシア語からの借用が多く,10世紀ころまでアラビア語と共存してアラビア語に大きな影響を与えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

シリア語の関連キーワード石原謙ウルファトーランドキリスト教会初期キリスト教耶蘇キリスト教徒中東とキリスト教《キリスト教の本質》(ハルナック)東方キリスト教美術

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone