コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

痛悔 つうかいcontritio; contrition

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

痛悔
つうかい
contritio; contrition

ローマ・カトリック教理における告解の秘跡中核となる行為で,すべての罪,少くともすべての大罪に対する侮辱とみて,罪を犯すよりはむしろすべてを失うほうを選ぶ決心をするほどまでにむことをいう。痛悔には神に対するおそれからのものと神に対する愛よりの痛悔があり,前者は不完全の痛悔,後者は完全の痛悔と呼ばれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

つう‐かい〔‐クワイ〕【痛悔】

心の底からくやむこと。非常に後悔すること。
「此春の齎(もたら)せしものは―と失望と」〈紅葉金色夜叉
contritionカトリックの用語。神に対する愛または恐れから起こる悔い改め。「ゆるしの秘跡」の本質的部分。コンチリサン

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

つうかい【痛悔】

大変に悔やむこと。非常に後悔すること。 「 -の念」
犯した罪を心から悔やみ、再び犯すまいと決心すること。カトリック教会のゆるしの秘跡の本質的部分をなす。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

痛悔の関連キーワードルターの「九十五か条の論題」(抄)デ・プロフンディスカトリック教会ディダスカリアレイモン7世モハッラム祭灰の水曜日宗教改革カリンガ悔改め受難節心の底赦罪詠誦秘跡告白告解祭色

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android