コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十二使徒 じゅうにしと The Twelve Apostles

7件 の用語解説(十二使徒の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

十二使徒
じゅうにしと
The Twelve Apostles

キリストによって特別の伝道の使命を与えられた 12人の使徒。すなわちペテロ (シモン) ,ゼベダイの子ヤコブヨハネアンデレピリポ,バルトロマイ,マタイトマス,アルパヨの子ヤコブ,タダイ (ユダ) ,熱心党のシモン,イスカリオテのユダの 12人 (マタイ福音書 10・2~3,マルコ福音書3・16~19,ルカ福音書6・13~16,使徒行伝1・13) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

じゅうに‐しと〔ジフニ‐〕【十二使徒】

使徒

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

十二使徒【じゅうにしと】

使徒

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

とっさの日本語便利帳の解説

十二使徒

イエスは福音を伝えるために、一二人の弟子を選んで使徒とした。ガリラヤの漁夫シモン(のちのペトロ)、アンデレ(ペトロの兄弟)、ヤコブ、ヨハネ(ヤコブの兄弟)、フィリポ、バルトロマイ、トマス、マタイ、ヤコブ(小ヤコブ)、タダイ、熱心党のシモン、イスカリオテのユダである。

十二使徒

→「いつか必ず役に立つ!編 これだけは押さえておきたい!欧米古典」の「十二使徒

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

じゅうにしと【十二使徒】

使徒しと

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

十二使徒
じゅうにしと

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の十二使徒の言及

【原始キリスト教】より

…その上限は,イエスをキリストと信ずる信徒たちを成員とする共同体が成立した時期であるが,これが〈教会〉という形をとるのはイエスの死後,後30年代に当たる。
[原始教会の成立]
 最初の教会(いわゆる〈原始教会〉)は,《使徒行伝》の著者ルカによれば,聖霊の降臨にあずかった十二使徒を中心としてエルサレムに成立し,ペテロに代表される彼らの宣教内容はイエス・キリストの復活にあった。キリスト信仰の成立に,かつてのイエスの弟子たちの有した,復活のイエスの顕現体験に基づく復活信仰が大きな役割を果たしたことは事実である。…

【最後の晩餐】より

…それ以前の初期キリスト教時代には,聖餐のサクラメントはパンと魚または他の主題(〈カナの婚礼〉〈パンと魚の奇跡〉)によって暗示的に表現されていた。初期の説話的表現では,キリストと十二使徒は古代の宴の習慣に従い,長椅子に横たわる姿勢で半円形あるいは馬蹄形のテーブルを囲んでおり,その上には聖餐の食物としてパンとブドウ酒の入った聖杯,あるいは魚や小羊(過越の祭に食べた犠牲の動物)などが置かれる。ビザンティン美術においては,サクラメントの意味を強調するために,キリストが弟子たちに聖体とブドウ酒を与えるという特殊な表現(〈使徒の聖体拝領〉)が用いられることもある。…

【使徒】より

…原始キリスト教会において最重要の地位を占め,大きな権限を委託された指導者群をさす。その中核にはイエスが選んだとされる十二弟子(十二使徒)がいたとも考えられるが,十二弟子そのものの歴史性を疑問視する学者もいる。しかしパウロの《コリント人への第1の手紙》15章5節以下が示している最初期の宣教の要約は,実際にはイスカリオテのユダを欠いて十一人となっていたはずの弟子グループをそのまま〈十二人〉と表示することによって,それがすでにきわめて早い時期に固定化されたひとつのまとまりを意味していたことを暗示していることは注目すべきである。…

※「十二使徒」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

十二使徒の関連キーワード洪秀全召命宣教師使命別使堅信リストワークキリ概教皇権プレストレス

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

十二使徒の関連情報