コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ディテール・パーソン detail person

1件 の用語解説(ディテール・パーソンの意味・用語解説を検索)

DBM用語辞典の解説

ディテール・パーソン【detail person】

(1)製造業者の代理人として働くセールスマンのこと。その製造業者の顧客を訪問し、サービスを提供する。彼等の主な責任はその製造業者の顧客が製品に満足していることを確かめることにある。彼等は、マーチャンダイジングアイデアを提案したり、配達のための注文を取ったり、在庫をチェックしたり、その他、製造業者製品のセールスを助けるために必要な仕事を行う。(2)既存、潜在顧客に製品情報と個人的セールスのための助言を提供することによって、ビジネスを増やすことを主な仕事とするセールスマン。彼等の業務は、地方の顧客に、その企業の製品を購買するように説得することにある。例えば、酒類販売会社に雇われるディテール・パーソンはバーのオーナーマネージャーを訪問し、薬品製造業者に雇われるディテール・パーソンは医者を訪ねたりする。

出典|(株)ジェリコ・コンサルティング
Copyright (C) 2010 by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ディテール・パーソンの関連キーワード任意代理表見代理復代理法定代理セールス船舶管理人代人直接代理トップセールス代理契約

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone