助言(読み)じょげん

精選版 日本国語大辞典「助言」の解説

じょ‐げん【助言】

〘名〙 かたわらからことばを添えて助けること。また、そのことば。助語。じょごん。「助言者」
※三四郎(1908)〈夏目漱石〉九「序に三四郎の様な襯衣(しゃつ)を買ったら好からうと助言(ジョゲン)してゐる」

じょ‐ごん【助言】

〘名〙 (「ごん」は「言」の呉音) =じょげん(助言)〔文明本節用集(室町中)〕
滑稽本浮世風呂(1809‐13)四「おれが助言(ヂョゴン)して、勝べい書せたア」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「助言」の解説

じょ‐げん【助言】

[名](スル)助けになるような意見や言葉を、そばから言ってやること。また、その言葉。助語。じょごん。「友人として助言する」
[類語]教示訓示アドバイスコンサルティングカウンセリング指導導き教え手引き指南教授教育訓育教導補導ほどう善導誘掖ゆうえき鞭撻べんたつ手ほどき教習コーチ伝授する講義する講ずる仕込むたたき込む育てる導く仕付ける教鞭を執る薫育教化教学文教育英教えるガイダンス手を取る示教指教徳育知育体育矯正薫陶入れ知恵洗脳感化徳化醇化啓発啓蒙

じょ‐ごん【助言】

[名](スル)じょげん(助言)」に同じ。
「仕事に手下は使わうが―は頼むまい」〈露伴五重塔

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android