助言(読み)じょげん

精選版 日本国語大辞典「助言」の解説

じょ‐げん【助言】

〘名〙 かたわらからことばを添えて助けること。また、そのことば。助語。じょごん。「助言者」
※三四郎(1908)〈夏目漱石〉九「序に三四郎の様な襯衣(しゃつ)を買ったら好からうと助言(ジョゲン)してゐる」

じょ‐ごん【助言】

〘名〙 (「ごん」は「言」の呉音) =じょげん(助言)〔文明本節用集(室町中)〕
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)四「おれが助言(ヂョゴン)して、勝べい書せたア」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「助言」の解説

じょ‐げん【助言】

[名](スル)助けになるような意見や言葉を、そばから言ってやること。また、その言葉。助語。じょごん。「友人として助言する」

じょ‐ごん【助言】

[名](スル)じょげん(助言)」に同じ。
「仕事に手下は使わうが―は頼むまい」〈露伴五重塔

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android