彼等(読み)アイラ

デジタル大辞泉の解説

あい‐ら【等】

[代]三人称の人代名詞。あいつら。やつら。人を卑しめていう語。
「ここな者―風情を相手にして」〈浄・用明天王

あれ‐ら【等】

[代]遠称の指示代名詞。あの者ども。あの人ら。
「―も世の中には有るにや、無きにやあらん」〈宇津保・国譲上〉

かれ‐ら【彼等】

[代]三人称の人代名詞。「かれ」の複数を表す。あの人たち。「彼等は兄弟だ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あいら【彼等】

( 代 )
三人称。あいつら。人を卑しめていう語。 「 -風情ふぜいを相手にして/浄瑠璃・用明天皇」

あれら【彼等】

( 代 )
三人称。あの者たち。かれら。 「 -も世の中にあるにや、なきにや/宇津保 国譲上

かれら【彼等】

( 代 )
三人称。「かれ」の複数。あの男の人たち。あの人々。 「 -の無事を祈る」 「 -には-の道がある」 〔中古以降の語。明治期までは、男にも女にも用いた。また、時に事物にも用いることがあった〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

あい‐ら【彼等】

〘代名〙 他称。話し手、聞き手両者から離れた複数の人を指し示す(遠称)。ののしったり、遠慮なく言ったりする場合に用いる。あいつら。
※浄瑠璃・用明天皇職人鑑(1705)道行「エエここな者あいら風情を相手にして」

あれ‐ら【彼等】

〘代名〙 他称。話し手、聞き手両者から離れた人たちをいう(遠称)。かれら。あの者ども。
※宇津保(970‐999頃)国譲上「あれらも、世の中にはあるにや」

かれ‐ら【彼等】

〘代名〙 他称。「彼」の複数。人にも事物にも用いたが、人に用いた例が多い。中古以来使用されてきたが、現代語では特に多用されている。かの人々。あれら。
※宇津保(970‐999頃)俊蔭「人の身を受けながら、いかに契りおきて、かくうとましきけだものの中に、それをともとし、かれらに養はれて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

彼等の関連情報