コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ディーコン法 ディーコンほうDeacon process

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ディーコン法
ディーコンほう
Deacon process

工業的な塩素製造法の一つ。イギリスの H.ディーコンが発明した (1868) 方法で,銅触媒の存在下で塩化水素を空気によって酸化して塩素をつくる。この方法によって得られる塩素は希薄なので,かつてはさらし粉の製造に用いられたが,現在はほとんど行われていない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ディーコン法の関連キーワード電解塩素

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android