デジスコ(読み)てしすこ,でじすこ

カメラマン写真用語辞典の解説

 デジタルカメラ + スコープ造語。デジタルスコーピングの略とする人もいる。コンパクトデジタルカメラのコンバージョンレンズ取り付け用ねじを利用し、そこに特殊なアダプターを介すればフィールドスコープスポッティングスコープとも呼ぶ地上望遠鏡) を取り付けることができることに目をつけた人々によって考案され、おもに野鳥の撮影で多用されたときに使われた通称。  フィールドスコープは像が正立するため、デジタルカメラに装着しても違和感がないのが普及した理由。超望遠撮影を手軽に楽しめるようにした。最近では、ペンタックスニコンのように一眼レフカメラとフィールドスコープの両方を製造しているメーカーによって、デジタル一眼レフ用カメラアダプターも製品化され、1,500mm相当を超える超望遠撮影を10万円ほど(カメラボディは除く)で楽しめるようになっている。

出典 カメラマンWebカメラマン写真用語辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android