地上望遠鏡(読み)ちじょうぼうえんきょう

百科事典マイペディア「地上望遠鏡」の解説

地上望遠鏡【ちじょうぼうえんきょう】

地上物体正立像を見るための望遠鏡。最も簡単なのは対物レンズ接眼レンズを組み合わせたガリレイ式望遠鏡オペラグラスに用いられている)だが,ふつうはケプラー式望遠鏡の二つの凸レンズの間に正立プリズムを入れる(プリズム双眼鏡)か,凸レンズをもう一つ加えてを正立させる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「地上望遠鏡」の解説

ちじょう‐ぼうえんきょう チジャウバウヱンキャウ【地上望遠鏡】

〘名〙 遠方から、地上の物体の拡大された正立像を見るための望遠鏡。対物レンズと接眼レンズの間に像を正立にするためのレンズまたはプリズムを入れるか、接眼レンズに凹レンズを用いるかする。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「地上望遠鏡」の解説

ちじょう‐ぼうえんきょう〔チジヤウバウヱンキヤウ〕【地上望遠鏡】

地上の物体の正立像を見るために、対物レンズ接眼レンズとの間に、像を正立させる補助的なレンズまたはプリズムを入れた望遠鏡。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android