コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デズフル Dezful

デジタル大辞泉の解説

デズフル(Dezful)

イラン南西部、フーゼスターン州の都市。ザグロス山脈中部の南西麓、デズ川沿いに位置する。名称は「橋の」を意味し、ササン朝ペルシアシャープール1世時代、デズ川に架かる橋の防御のために築いた砦に由来する。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

デズフル
でずふる
Dezful

イラン南西部、フーゼスターン州北部の都市。デズ川左岸に位置する。人口20万2639(1996)。ササン朝のシャープール1世の治世に、ここに築かれた橋を守るための砦(とりで)にちなんでデズフル(橋の砦)と名づけられた。夏の最高気温が50℃近くなるため、住民は地下室で夏を過ごす。町の北東約32キロメートルのデズ川上流にデズ・ダムが建設されて以来、灌漑(かんがい)面積が大幅に拡大された。シトロンが特産である。[香川優子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android