コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デトモルト Detmold

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デトモルト
Detmold

ドイツ西部,ノルトラインウェストファーレン州の都市。ビーレフェルトの東南東約 30km,トイトブルガーワルト山地の東麓に位置する。 783年にザクセン人とカルル大帝の軍がここで戦った。かつてのリッペ=デトモルト公の2つの居城 (1550,1708~18) のほか,木骨構造の古い家が多く残されている。自然歴史博物館,劇場,音楽学校,穀物研究所がある。家具製造,製材などが盛ん。人口7万 74 (1991推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デトモルトの関連キーワードフランクワルター シュタインマイヤーノルトライン・ウェストファーレンノルトライン・ウェストファーレンヴォルフガング フォルトナーヘルムート ヴィンシャーマンヘルムート ウィンシャーマンハンス・ペーター レーマンヘニング ブロックハウスルドガー ベールバウムトイトブルクの森の戦いアナトール ウゴルスキトーマス クアストホフアンドレ ナヴァラフライリグラートクルト レーデルフライリヒラート小林道夫(1)マイゼンブークフォルトナーブラームス

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

デトモルトの関連情報