コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デトモルト Detmold

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デトモルト
Detmold

ドイツ西部,ノルトラインウェストファーレン州の都市。ビーレフェルトの東南東約 30km,トイトブルガーワルト山地の東麓に位置する。 783年にザクセン人とカルル大帝の軍がここで戦った。かつてのリッペ=デトモルト公の2つの居城 (1550,1708~18) のほか,木骨構造の古い家が多く残されている。自然歴史博物館,劇場,音楽学校,穀物研究所がある。家具製造,製材などが盛ん。人口7万 74 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デトモルトの関連キーワードフランクワルター シュタインマイヤーノルトライン・ウェストファーレンノルトライン・ウェストファーレンヘルムート ヴィンシャーマンヘルムート ウィンシャーマンヴォルフガング フォルトナーハンス・ペーター レーマンヘニング ブロックハウストイトブルクの森の戦いトーマス クアストホフルドガー ベールバウムアナトール ウゴルスキアンドレ ナヴァラフライリグラートフライリヒラートクルト レーデル小林道夫(1)マイゼンブークフォルトナー木川田 誠

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android