歴史博物館(読み)れきしはくぶつかん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「歴史博物館」の意味・わかりやすい解説

歴史博物館
れきしはくぶつかん

博物館一種で,遺物,記念品,古文書など広く歴史的資料収集,保存し,展示,公開して公衆の利用をはかる機関。その設置者の意図によって,総合歴史,専門歴史,郷土史考古宝物,故人記念など,その保存資料の内容は異なるが,総合博物館の歴史部門とともに,民俗民族,社会などの各学問分野の資料が保存されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

タコノキ

タコノキ科の常緑高木。小笠原諸島に特産する。幹は直立して太い枝をまばらに斜上し,下部には多数の太い気根がある。葉は幹の頂上に密生し,長さ1〜2m,幅約7cmで,先は細くとがり,縁には鋭い鋸歯(きょし)...

タコノキの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android