リッペ(英語表記)Lippe

世界大百科事典 第2版の解説

リッペ【Lippe】

ウェーザー川上流の両岸域に位置したドイツの旧領邦(ラント)。ライン川の支流リッペ川の源流とウェーザー川に挟まれた地域に,〈リッペ貴族〉が12世紀以来領土を広げ,16世紀に伯爵領となった。17世紀に3家系に分かれ(1系は18世紀に廃絶),このうちリッペ・デトモルトLippe‐Detmoldは1789年侯国となり,1946年まで領邦としての自立性を維持した。1918年共和制に移行,47年ノルトライン・ウェストファーレン州に編入され,デトモルト県リッペ郡(人口32万7000(1980))となる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リッペ
りっぺ
Lippe

ドイツ北西部、ノルトライン・ウェストファーレン州北東部の歴史的地方名。トイトブルクの森の南西部分を含むデトモルト市周辺地域をいう。1939年まで独立の州をなし、面積1215平方キロメートル、人口18万9000(1939)であった。この地の領主リッペ家の史料初見は1123年。同家は伯権をもち、多くの司教を輩出し、1529年には帝国伯となった。17、18世紀に多くの分家に分かれ、1866年プロイセンに併合。[瀬原義生]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android