コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デバイ‐ウォラー因子 Debye-Waller factor

法則の辞典の解説

デバイ‐ウォラー因子【Debye-Waller factor】

結晶によるX線や中性子線,電子線などのコヒーレントな散乱(ブラッグ散乱*)において,強度が理論値よりもexp(-(1/3) 〈u2 〉 〈⊿k2 〉)だけ減少するが,この減少を表す因子のこと.原子の熱振動のためであり,〈u2 〉 は平衡位置からの原子のずれの二乗平均値,〈⊿k2 〉 はX線の波数ベクトルの変化高である.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

デバイ‐ウォラー因子の関連キーワードデバイ‐ワラー因子ブラッグ散乱デバイ関数デバイ温度K2原子U2

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android