コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デバイスドライバー デバイス ドライバー

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

デバイスドライバー

周辺機器をパソコンで利用するためのソフトウェア。単にドライバーとも呼ばれる。マウスやキーボード、USB、主なプリンターなどは、OS側にデバイスドライバーが用意されており、機器を接続するとすぐに使えるようになる。このようにハードウェアを接続すると、自動的にドライバーがインストールされる仕組みをプラグアンドプレイという。しかし周辺機器の仕様は製品によって異なるため、OS側ですべての周辺機器のドライバーを用意することは不可能に近い。そのためハードウェアの製品には、それぞれのOSに対応したドライバーが付属している。またOSのアップデートによって、周辺機器のドライバーが追加されたり、逆にOSのバージョンアップに合わせて、周辺機器メーカーのWebサイトから新しいドライバーがダウンロード提供される。なお周辺機器のドライバーは、機器の設定に使うユーティリティー・ソフトウェアとともに提供されることも多い。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

知恵蔵の解説

デバイスドライバー

内蔵、外付けを問わず、パソコンに接続された部品や周辺機器といった装置(デバイス)を駆動(ドライブ)し制御するソフトウエアのうち、OSの一部として動作するもの。単にドライバーと呼ぶことも多い。デバイスドライバーを利用することで、外部のプログラムはOSに依頼するだけでデバイスの機能を利用できる。また、OSと一体ではないため、デバイスドライバーの追加や更新を行うだけで、新しい装置や機能が利用可能になる。

(斎藤幾郎 ライター / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

IT用語がわかる辞典の解説

デバイスドライバー【device driver】

デバイスを正しく動作させるためのソフトウェアの総称。ディスプレー、キーボード、マウスなどのデバイスドライバーはオペレーティングシステムにあらかじめ組み込まれている場合が多い。周辺機器を新たに買い足したりプリンターを接続したりする場合は、インストールする必要がある。◇略して「ドライバー」ともいう。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

デバイスドライバー
でばいすどらいばー
device driver

コンピュータに部品や周辺機器を新たに接続するときに、それを認識させ使用できるようにするために必要な専用プログラム。すでにオペレーティングシステム(OS)に組み込まれている場合や、汎用のソフトウェアを使う場合も多いが、外部周辺機器などでは新たにインストールを求められることも多い。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のデバイスドライバーの言及

【オペレーティングシステム】より

…実際には,個別対応のプログラムを用意するのだが,そういった縁の下の分業を見えなくするわけである。個々の装置に対応した最下層のプログラムがデバイスドライバーである。プラグ・アンド・プレーは,装置を接続すればすぐ動作可能になる機能であるが,これもハードウェア資源の巧みな抽象化の所産である。…

※「デバイスドライバー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

デバイスドライバーの関連キーワード$FONT.SYS/JFONT.SYSWin32 Driver Modelインストーラブル・デバイスドライバーkeyboard driverdisplay driverUSBマスストレージクラスセットアップ情報ファイルPCカードイネーブラーディスプレイドライバーユニバーサルドライバーnano kernelclean bootMSCDEX.EXEプリンタードライバーシステムソフトウェアHIMEM.SYSパケットドライバーデバイスファイルクラスドライバー.386ファイル

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

デバイスドライバーの関連情報