コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デマック Demak

1件 の用語解説(デマックの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

デマック【Demak】

インドネシア,中部ジャワ北岸の港市。ジャワで最も早くイスラム化の波が及んだ所で,15世紀後半にあるムスリム華僑がこの町を建設したと伝えられる。その息子はポルトガル史料にロディムの名で現れ,1504年ころ死に,その後継者トレンガナがデマック王国を東西に発展させ,27年ころ東部ジャワの大国マジャパイトを滅亡させた。そして西部ジャワではバンテンおよびチェリボン両王国の勢力増大を助け,ジャワ北岸一帯にイスラムを普及させた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

デマックの関連キーワードインドネシア語インドネシア語派ジャワ語スマランスラバヤサマランジャガタラ爪哇マジャパヒト朝ジャワ種 (Java)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone