コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デュナミスとエネルゲイア デュナミスとエネルゲイアdynamis kai energeia; potentiality and actuality

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デュナミスとエネルゲイア
dynamis kai energeia; potentiality and actuality

アリストテレスの形而上学の基本概念。「可能態と現実態」の意。デュナミスは一般には能力や機能と訳されるが,アリストテレスでは現実的に存在するものEに対して,Eとなる可能性を有する可能的存在Dをいう (たとえば木のDは種子,Eは生長した木) 。ところですべて現存している自然物は現実となった可能的なものであるから,この対概念は存在者すべての変化と運動,生成の説明原理であり,エネルゲイアは存在論的にも論理的にもデュナミスに優越する。また個別的実体を限定する形相 (エイドス) はそれ自体無規定的な可能的存在としての質料 (ヒューレー) の目的であり,存在全体は質料から形相への不断の移行としてとらえられるから,デュナミス→エネルゲイアの関係とヒューレー→エイドスの関係は相おおうものである。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デュナミスとエネルゲイアの関連キーワード四原因[アリストテレス]

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android