コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デュナミスとエネルゲイア デュナミスとエネルゲイア dynamis kai energeia; potentiality and actuality

1件 の用語解説(デュナミスとエネルゲイアの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デュナミスとエネルゲイア
デュナミスとエネルゲイア
dynamis kai energeia; potentiality and actuality

アリストテレスの形而上学の基本概念。「可能態と現実態」の意。デュナミスは一般には能力や機能と訳されるが,アリストテレスでは現実的に存在するものEに対して,Eとなる可能性を有する可能的存在Dをいう (たとえば木のDは種子,Eは生長した木) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デュナミスとエネルゲイアの関連キーワードガッサンディ形而上学第一哲学アリストテレス主義アリストテレスの提灯・アリストテレスの提燈逍遥学派偉大な形而上学者一般形而上学《形而上学の諸問題》特殊形而上学

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone