コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デュヌの戦い デュヌのたたかいBattle of the Dunes

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デュヌの戦い
デュヌのたたかい
Battle of the Dunes

砂丘の戦いとも呼ばれる。 1658年6月 14日にフランスのテュレンヌ元帥指揮のイングランド=フランス連合軍と,同じくフランスの大コンデ (当時はスペイン軍に属していた) の率いるイングランド亡命王党派=スペイン軍との間で行われた戦闘。デュヌはダンケルク付近の砂丘。前者には O.クロムウェル派遣の 6000人のイングランド歩兵隊,後者にはヨーク公 (のちのジェームズ2世) 指揮下の王党派数個軍団が参加,イングランド軍相互の死闘は特に激烈をきわめた。戦闘はイングランド=フランス連合軍側の勝利に帰したが,スペイン軍の退却後もなお,わずか 300人の兵力で頑強に抵抗し,イングランド王チャールズ2世への帰属を条件にようやく降伏したイングランド軍近衛兵の勇戦がたたえられ,のちのイギリス陸軍近衛歩兵第1連隊のもとになった。翌 59年「ピレネー条約」がスペインとフランスの間で結ばれた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デュヌの戦いの関連キーワードアウラングゼーブ伊藤出羽掾小野善助(初代)山村松庵渡辺銅意アウラングゼーブスコーネ滑り唄万治アウラングゼーブ

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android