コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デュビン=ジョンソン症候群 デュビン=ジョンソンしょうこうぐん Dubin-Johnson syndrome

1件 の用語解説(デュビン=ジョンソン症候群の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デュビン=ジョンソン症候群
デュビン=ジョンソンしょうこうぐん
Dubin-Johnson syndrome

慢性黄疸の一つの型。 1954年,アメリカ病理学者,I.デュビンと F.ジョンソンが発見した。常染色体性劣性遺伝と考えられ,男性に多い。肝臓が黒色ないし緑褐色の独特の色調を呈し,肝細胞内に褐色色素の沈着が認められる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デュビン=ジョンソン症候群の関連キーワードクールヴォアジェ‐テリエの法則バール‐ピクの法則遷延性黄疸黄疸の原因肝外閉塞性黄疸肝後性黄疸肝性黄疸肝前性黄疸不顕性黄疸閉塞性黄疸

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone