コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デュードネ Jean Alexandre Dieudonné

世界大百科事典 第2版の解説

デュードネ【Jean Alexandre Dieudonné】

1906‐1992
フランスの現代数学者。1906年リールに生まれる。27年エコール・ノルマル・シュペリウールを卒業,レンヌ大学助教授,次いでナンシー大学教授となる。戦後ブラジルのサン・パウロ大学,次いでアメリカ・ミシガン大学,ノースウェスタン大学で教えた後,帰仏してパリ郊外の高等科学研究所教授,64年ニース大学教授,翌年同理学部長となり,70年国際数学者会議がニースで開催されたときは主催者の中核となって活躍した。1930年代に数学を新しい視野から統一的に記述することを企図したブールバキ集団の創立者のひとりである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

デュードネの関連キーワードナポレオン(映画)ナポレオン

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android