コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デリ デリ

大辞林 第三版の解説

デリ

デリカテッセンの略。 → デリカテッセン
デリバリー(配達)の略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

デリ【Max Déri】

1854‐1938
オーストリア・ハンガリーの電気技術者。変圧器を実用化して交流技術の確立に貢献した。ウィーン工科学校で水力技術を学んだ後,ブダペストのガンツ社に入って,ブラティO.T.BlathyおよびツィペルノフスキーK.Zipernowskyと協働した。当時,直流送配電では供給可能な地域が狭いことがわかってきており,これにかわる交流送配電が期待されていた。1885年にデリ,ブラティ,ツィペルノフスキーは閉磁路変圧器の並列使用についての特許をとった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

デリの関連キーワードホーム・ミール・リプレースメントアルノルフォ・ディ・カンビオデリバレイティブポーリングメロッツォ・ダ・フォルリV.サトゥイミール・ソリューションコジモ・デ・メディチデリースルターン朝ロレンツォ・モナコデリカテッセングランドモスクマイムーン宮殿マンテーニャボローニャ派ブルネレスキバンビテルリカルバールトセパレーターカルパッチョロンゲーナ

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

デリの関連情報