コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デルーレード Paul Déroulède

1件 の用語解説(デルーレードの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

デルーレード【Paul Déroulède】

1846‐1914
フランスの右翼政治家。代訴人の息子としてパリに生まれ,弁護士となった。普仏戦争がおこると志願して参加,パリ・コミューンの鎮圧にも加わったが,1874年落馬によるけがで退役した。この間詩集《兵士の歌》(1872)を公刊して愛国詩人としての名声を獲得し,75年には《新・兵士の歌》を出版した。次いで82年,ドイツに対する復讐を目ざして愛国者同盟を創立したが,権力を確立した共和主義者が対独復讐から遠ざかるのを見て国民投票に基づく専制体制の樹立を夢み,復讐将軍ブーランジェを支持して活発に運動した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

デルーレードの関連キーワードイタリア映画ロッキード事件ヘンリークルーゼンシュテルン鈴木春山ガレ仁孝天皇森田勘弥清水義八デニスン

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone