コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トゥアティエンフエ省 トゥアティエンフエThua Thien Hue

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トゥアティエンフエ〔省〕
トゥアティエンフエ
Thua Thien Hue

ベトナム中部の省。省都フエ。南シナ海に面し,内陸側はラオスと国境を接する。沿岸に潟湖が連なり,古都フエは海岸平野に位置する。内陸部はアンナン山脈に属する山地,丘陵地帯から成る。南北統一とともに,北ベトナム側にあったクアンビン省,南ベトナム側にあったクアンチ省,トゥアティエン省,フエ市が合併されてビンチティエン Binh Tri Thien省が新設されたが,のち旧トゥアティエン省とフエ市によってこの省が形成された。ハノイとホーチミン市を結ぶ幹線道路と鉄道が沿岸部を通る。面積 5009km2。人口 92万 900 (1991推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

トゥアティエンフエ省の関連キーワードランコー

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android