コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トゥグリル・ベク Ṭughril Bek

世界大百科事典 第2版の解説

トゥグリル・ベク【Ṭughril Bek】

990‐1063
セルジューク朝の初代スルタン。在位1038‐63年。トゥグリルとは,トルコ語で〈鷹〉の意。始祖セルジュークの孫にあたる。兄弟のチャグリー・ベク,叔父のムーサーヤブグとともにトゥルクマーン(トルクメン族)集団を率い,1035年にアム・ダリアを越えて西方へ進出,38年にニーシャープールに入って王朝を開き,40年ダンダーナカーンの戦ガズナ朝軍を破った。55年にはバグダードに入って,アッバース朝カリフより史上初めてスルタンの称号を受け,東方イスラム世界の支配者として公認された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のトゥグリル・ベクの言及

【セルジューク朝】より

…その子イスラーイールIsrā‘īl(?‐1032)は,サーマーン朝,次いでカラ・ハーン朝,ガズナ朝と同盟して力を伸ばした。その甥のトゥグリル・ベク,チャグリー・ベクChaghrī Bek(987‐1060)らは,1038年ニーシャープールに無血入城し,40年にはダンダーナカーンDandānqānの戦でガズナ朝軍を破り,ホラーサーンの支配権を手中に入れた。55年にトゥグリル・ベクはバグダードに入り,アッバース朝カリフより史上初めてスルタンの称号を公式に受け,東方イスラム世界における支配者として公認された。…

※「トゥグリル・ベク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

トゥグリル・ベクの関連キーワード谷中麻里衣現在価値正暦造幣局虐待と知的・発達障害特殊詐欺と電話圜悟克勤オロモウツ七時雨山ギニア(国)