コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トゥグリル・ベク Ṭughril Bek

1件 の用語解説(トゥグリル・ベクの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

トゥグリル・ベク【Ṭughril Bek】

990‐1063
セルジューク朝の初代スルタン。在位1038‐63年。トゥグリルとは,トルコ語で〈鷹〉の意。始祖セルジュークの孫にあたる。兄弟のチャグリー・ベク,叔父のムーサーヤブグとともにトゥルクマーン(トルクメン族)集団を率い,1035年にアム・ダリアを越えて西方へ進出,38年にニーシャープールに入って王朝を開き,40年ダンダーナカーンの戦ガズナ朝軍を破った。55年にはバグダードに入って,アッバース朝カリフより史上初めてスルタンの称号を受け,東方イスラム世界の支配者として公認された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のトゥグリル・ベクの言及

【セルジューク朝】より

…その子イスラーイールIsrā‘īl(?‐1032)は,サーマーン朝,次いでカラ・ハーン朝,ガズナ朝と同盟して力を伸ばした。その甥のトゥグリル・ベク,チャグリー・ベクChaghrī Bek(987‐1060)らは,1038年ニーシャープールに無血入城し,40年にはダンダーナカーンDandānqānの戦でガズナ朝軍を破り,ホラーサーンの支配権を手中に入れた。55年にトゥグリル・ベクはバグダードに入り,アッバース朝カリフより史上初めてスルタンの称号を公式に受け,東方イスラム世界における支配者として公認された。…

※「トゥグリル・ベク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

トゥグリル・ベクの関連キーワードカイセリスルタンセルジューク朝マリクシャーセルジュークトルコツグルク朝アラアッディンモスクギョク神学校シノプセルジッペ

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone